限度額と利率|カードローンについて知る|信頼できる消費者金融会社

カードローンについて知る|信頼できる消費者金融会社

限度額と利率

貯金箱

大手消費者金融会社のカードローンでは、最大300万円までの融資を受けることが可能です。また、契約額は会社側が決定し、利用者はその契約額の範囲内であれば幾らでも引き出すことができます。契約額の決定方法については、利用者側が希望する契約額の範囲内で決定されるため、融資額が希望額より少ないといった事態にはなりません。カードローンでは、後になって融資額が足りないと感じた時に上限を追加することも可能です。ただし、上限を追加する時には再び消費者金融会社の審査を受けなければなりませんので、注意しましょう。

発生する借入利率に関しては、6.3%から16.5%とされています。カードローンによって大口融資を受け、分割返済しなければならなくなった時には、最長6年で2回から60回に分けて返済していくことが可能です。各月の支払い時には、借入利率による利息が発生してしまうため事前にどれだけ利息が上乗せされるのか確認しておくことをお勧めします。基本的に、大口融資を受けて分割で返済していく時には、利息の合計額は高額になってしまうのです。返済期日に間に合わす、返済金の振込を遅延してしまった場合には、20%の遅延利率が発生してしまうので注意が必要になります。返済期日は、消費者金融会社によって固定で決まっています。カードローンの返済方法についても、基本的に利用者の指定した口座からの自動引き落としとなっているため、口座が空でない限りは返済期日を遅延してしまうことはないでしょう。