カードローンの利用条件|カードローンについて知る|信頼できる消費者金融会社

カードローンについて知る|信頼できる消費者金融会社

カードローンの利用条件

カード

カードローンを利用する際には、消費者金融間による審査を通過しなければなりません。その審査では、年齢・収入・資金使途が重要視されます。それらのポイントに注目することによって、利用者の返済能力を判断するのです。ここでは、大手消費者金融会社の利用条件を基準にそれぞれのポイントについて知っていきましょう。カードローンの利用条件における年齢に関しては、20歳以上69歳以下とされています。収入においては、年収制限等が設けられている訳ではなく、「安定した収入が得られている」というポイントが条件です。また、この収入に関する条件では職業の雇用形態に関する指定が無いため、アルバイトやパート、派遣社員の方であっても収入が安定していればカードローンを利用することができるのです。
年齢や収入に関する条件を満たしていたとしても、返済能力が無いと判断された場合にはカードローンによる融資を受けることはできません。返済能力が無いと判断される理由として、資金使途が挙げられます。

基本的に大手消費者金融の明示している条件では、「資金使途は生計費に限る」とされています。生計費というのは、結婚資金や教育資金、入院費用、生活費用等、多岐に渡ります。しかし、数多くの人の中には、ギャンブルやFX、株での使用を目的としている人も存在するのです。そういった、返済能力に欠ける資金使途の場合は、例外無く審査を落とされます。また、生計費を資金使途にしていたとしても、同時に複数の消費者金融会社にカードローンを申し込んでしまった時には、それを各会社に把握されてしまうのです。複数の消費金融会社に申し込むこと自体には問題ありませんが、会社側からみるとそれだけ切羽詰まった状況であると判断することができます。それはつまり、資金繰りが上手くいっていないと想定されることになるでしょう。そうなってくると、返済能力が無いと判断されてしまうのです。